腹痛に苦しむ男性

逆流性食道炎、胃酸過多、十二指腸炎など、数ある胃の悩み・症状に対して効果を持つ「ネキシウム」は、病院の先生も処方している安心のお薬です。このお薬を使ってあなたの胃の悩みを解決しましょう。当サイトで詳細をご説明しております。

ネキシウムで治療できる胃の症状とは

胃酸は本来は胃腸に侵入してくるばい菌を殺菌する役目がありますが、胃壁が弱ってくると、胃粘膜を傷つけて胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因となります。また、胃酸が逆流すると食道が荒れ、ひどい胸やけが起こります。ネキシウムは、酸分泌抑制薬で、胃酸の分泌を強力に抑えます。結果、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治りが良くなって、胃痛や胸やけが改善されます。アスピリンや鎮痛剤を原因とする胃潰瘍にも効果があります。胃酸は胃粘膜に存在する酵素により、ATPのエネルギーを利用して酸を放出し、カリウムイオンを取り込むことにより分泌されています。ネキシウムは、この酵素の働きを抑制し、酸分泌を抑制します。また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人には、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の存在する確率が高いことが分かり、この菌を取り除くと、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発現率が低くなります。ネキシウムは、ピロリ菌の除菌にも用いられています。この場合は、他に2種類の抗生物質と併用して行われます。ネキシウムで胃酸を少なくすると、抗生物質の効き目が良くなり除菌の成功率が高まります。胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎の治療以外にも、吻合部潰瘍やゾリンジャー-エリソン症候群などの治療にも用いられます。吻合部潰瘍というのは、胃の切除手術などで、胃と十二指腸または、小腸をつなぎ合わせる手術を行ってから1~2年後に、吻合部にできる潰瘍のことです。ゾリンジャー-エリソン症候群というのは、膵臓や十二指腸壁に通常発生するガストリン産生腫瘍によって引き起こされるものです。胃酸の過剰分泌や消化性潰瘍が結果として生じます。この治療にもネキシウムが用いられています。

抗潰瘍剤はネキシウム以外にもある?

胃潰瘍になりやすいということは、胃酸の出過ぎ、胃炎膜が弱ってきている、ピロリ菌、多量の薬、食事といったものが要因になっています。まずは、何が原因となって胃潰瘍になっているかと突きとめることです。そのためには医師が問診していろいろ調べてくれます。多くは胃酸分泌によるものです、胃酸分泌薬にはいろいろな種類があり、ネキシウムのその1つです。ネキシウムは1日1カプセル服用します。数週間にわたって服用します。それでも改善されないようあれば、別の薬に替えたり、治療法を検討したります。多くは数週間で完治することが多いです。またピロリ菌の除菌でも抗生剤といっしょにネキシウムが処方されるようになりました。完治率が上ってきていますので、ネキシウムの効果はいいです。ネキシウムは他の胃酸分泌薬と若干作用機序が異なりますので、従来の胃酸分泌薬で効果がなかった場合、ネキシウムに変更して改善された症例が増えてきています。作用機序の研究は日々行われていますので、同じ胃酸分泌薬っと言っても効果は人によって変わってくることも少なくないです。逆に、ネキシウムを最初に使って効果がなく、従来品の胃酸分泌薬で効果を発揮する場合もありますので、医師の手腕が問われます。胃酸分泌薬は値段が高いですので、ジャネリックに変更する方が増えています。ネキシウムに関しては、まだジェネリックが発売されていませんので、この薬のジェネリックを希望される方には、これで継続してもらうことになります。ジェネリックのある薬に変更することはできますが、胃が安定している間は、他の薬に替えることはあまり望ましくないですので、そのへんは担当医に相談したほうがいいです。

ネキシウムを服用した際の効能と副作用

胃腸の中で胃酸が過剰に分泌してしまう症状を胃酸過多と言います。胃酸過多の原因は過度のストレスなどで自律神経のバランスが崩れることにより発症すると考えられています。交感神経の緊張などにより胃酸が過剰に分泌されると、血管が委縮して胃腸への血行が滞ります。その結果必要以上に分泌された胃酸の影響により、逆流性胃腸炎や十二指腸潰瘍などの疾患を引き起こします。主な症状としては胃液の逆流や胸やけ・胃もたれや吐き気などを伴います。またお腹が張ったようになる腹部膨満感や、口中の酸味を感じるなどの症状もあります。胃酸過多の症状の緩和にはプロトポンプ阻害薬という薬剤の処方が効果的とされています。プロトポンプ阻害薬とは胃酸の分泌に関連する、アセチルコリンとヒスタミン・ガストリンという3つのホルモンからの信号を遮断する作用があります。現在国内で処方されているプロトポンプ阻害薬の中でも比較的新しい薬剤にネキシウムがあります。ネキシウムには胃酸の分泌を強力に抑える働きがあります。主に逆流性食道炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの症状に効果的とされています。ネキシウムを服用することで辛い胸やけの症状の緩和や、吐き気や胃痛を和らげる効能があるとされています。ネキシウムは副作用が出にくいように開発された薬剤なので、他の薬剤に比べても比較的副作用は少なめとされています。とはいえ個々の体調の具合などによっては軽度の副作用が見られることも少なからずあるようです。気になる副作用の症状としては発疹などの皮膚炎や口内炎・下痢や便秘などの腸内症状や口の渇きなどが見られるようです。ネキシウムを入手するには専門の医療機関で処方してもらう他に、ネット通販の個人輸入代行サイトなどで購入する方法があります。