腹痛に苦しむ男性

逆流性食道炎、胃酸過多、十二指腸炎など、数ある胃の悩み・症状に対して効果を持つ「ネキシウム」は、病院の先生も処方している安心のお薬です。このお薬を使ってあなたの胃の悩みを解決しましょう。当サイトで詳細をご説明しております。

自律神経失調症による胃酸過多にはネキシウムで対処

自律神経失調症とは自律神経が過度な緊張状態となり、それが継続し、自律神経系の支配組織に様々な影響をもたらす疾患です。主な症状としては倦怠感、動悸、発汗、めまいなどが挙げられます。自律神経系は交感神経系と副交感神経系とに分けることができ、それぞれが相反する働きをすることで体の調子のバランスを整えています。自律神経失調症になるとそのバランスは崩壊してしまい、様々な症状が現れるのです。
自律神経失調症で胃酸過多が症状として現れることがあります。胃酸分泌は自律神経系の中でも副交感神経系の興奮によって促進されます。副交感神経系終末でアセチルコリンが盛んに分泌されると、プロトンポンプの働きが盛んになり、胃酸過多となるのです。
胃酸過多の症状に対しては、H2受容体阻害薬とプロトンポンプ阻害薬の服用によって対処されます。プロトンポンプはヒスタミンH2受容体、ガストリン受容体、アセチルコリン受容体の3つの受容体が存在し、これらの働きで胃酸分泌が亢進します。H2受容体阻害薬の場合、ヒスタミンによる胃酸分泌しか抑えることができず、自律神経失調症の時問題となるアセチルコリンによる胃酸分泌を抑制することはできません。よって自律神経失調症による胃酸過多に対してはプロトンポンプ阻害薬で対処することがより効果的な治療法と言えます。
ネキシウムはプロトンポンプ阻害薬の中でもより優れた胃酸分泌抑制効果が期待できる薬剤です。ネキシウムの有効成分エソメプラゾールは従来から存在するオメプラゾールというプロトンポンプ阻害薬をより効率的に効果が現れるように改良された薬です。よってより強力な効果が得られると言えます。
是非自律神経失調症による胃酸過多にはネキシウムで対処してみて下さい。